真田幸村,真田丸,大坂夏の陣,大坂冬の陣


義を貫き最期は桜のように見事な散り樣を見せた真田幸村

分類 大坂冬の陣 / 大坂夏の陣 / 真田家
この巻の主な内容


sanada.gif2016年NHK大河ドラマ『真田丸』の主人公としても注目されている人物、真田信繁こと通称幸村。真田家は大名と呼ぶことはできない土豪出身の一族であり、常に時の有力大名に臣従することにより家を守ってきた。信長、秀吉、家康のように天下を動かしたわけではなく、歴史を動かすような特別大きな武功を挙げたわけでもない。それなのに真田幸村という人物は、今なお歴史ファンから愛された存在でい続けている。

某の個人的感想で言わせてもらえると、戦争を経験している方は豊臣秀吉が好きな方が多い印象がある。特に中国との戦争を体験していたり、よく知る世代の方は秀吉を尊敬しているという方が多い。これには理由があり、かつて大日本帝国軍が中国に侵攻した際、日本政府は豊臣秀吉を英雄として担ぎ上げていた。その理由は戦国時代に秀吉が朝鮮に侵攻していたためだ。当時の日本政府は秀吉を祭り上げ、中国への侵攻を正当化しようとしていた。

その影響からか、年配の方に秀吉を尊敬している方が多いように感じられる。だがそれよりも若い世代となると、義に厚く、散り樣が見事だった武将の人気が高まってくる。その中でも一番人気がある人物のひとりが真田幸村だ。

真田幸村の父昌幸は、謀略を得意とする知将だった。謀が何よりも得意で、真田家を守るためであれば義など二の次だった。事実昌幸は秀吉から「表裏非興の者」と呼ばれ、仕える相手をその時々の都合により目まぐるしく変えていくことを揶揄されている。だが昌幸はそんなことお構いなしとばかりに、真田を守ることだけに注力していく。

反面幸村は義に厚い人物として知られている。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では、大坂城で最も守備が弱いとされていた南側の守りを受け持ち、かの有名な真田丸という丸馬出(まるうまだし/城の出入り口外側に作られた半円状をした、守備用の土塁)で徳川勢を大いに苦しめた。

この時の豊臣方は家康に対し疑心も持っていたり豊臣家にかつて仕えていた浪人が中心で、10万という大軍だったと伝えられているが、しかし団結していたかといえば決してそんなことはなかった。まさに寄せ集め集団で、戦術さえもまともに話し合えないような状況だった。それでも幸村は豊臣への恩顧があったため、浪人の身でありながら豊臣勢として大坂城に駆けつけた。

そして慶長20年の大坂夏の陣では、豊臣方敗色濃厚という状況で豊臣方を見限る武将も多かった中、幸村は最期まで豊臣勢として戦い続けた。3000の幸村勢は、1万の大軍を率いる伊達政宗の侵攻を防ぐなど奮闘し、さらには家康の本陣に肉薄する猛攻を見せるも、しかし真田軍に続く味方がおらず、最後は徳川方の大軍の前に力尽きてしまう。

このように義を貫き通し、最期は桜のように見事な散り樣を見せた幸村の姿が、歴史ファンの心を惹きつけてやまないのであろう。戦国時代記-Age of SENGOKU-では、これから幸村の生き様を深く掘り下げていきたいと思う。


平成29年02月07日 公開

前ノ巻 武田勝頼は決して挑むべきではなかった長篠の戦い
次ノ巻 桶狭間の戦い、織田信長の勝因と今川義元の敗因



戦国時代記-Age of SENGOKU-は、Kazuが個人的に運営している戦国時代をテーマにしたウェブサイトです。 歴史小説のような想像上の出来事はできる限り排除し、極力史実に近いもの、もしくは近いとされることのみを ピックアップし書き連ねていきます。
戦国時代記 -Age of SENGOKU-
Copyright(C) 2016 Age of SENGOKU All Rights Reserved.