桶狭間の戦い,織田信長,今川義元


桶狭間の戦い、織田信長の勝因と今川義元の敗因

分類 今川家 / 徳川家 / 桶狭間の戦い / 織田家
この巻の主な内容


oda.gif永禄3年(1560年)5月19日、東海一の弓取り(武将)と称されていた今川義元が、約2万の軍勢を率いて尾張に侵攻してきた。一説ではこの時、義元は上洛の途上だったとされているが実際はそうではなく、信長が今川領への圧力を増していたことから、早いうちに信長を潰しておこうという義元の考えだったようだ。つまり目的は上洛ではなく、信長の居城である清洲城への侵攻だった。

今川軍が織田領の丸根砦、鷲津砦を攻め始めたのは19日未明のことだった。この報告を受けると信長は敦盛を舞い、陣触れし、清洲城を飛び出して行く。向かったのは熱田神宮で、ここで必勝祈願を済ますと戦場へと再び馬を駆けて行った。

19日未明は暴風雨だった。織田軍2500の寡勢が今川軍2万の大軍を攻めるためには、悪天候に乗じて奇襲をかけるのが常套手段だ。だが信長は雨が上がるまで攻撃は仕掛けなかった。その理由は『松平記』で説明されており、この時今川勢として参戦していた松平元康(徳川家康)は、織田軍は突如として鉄砲を打ち込んできたと書き残している。当時の火縄銃は濡れてしまっては撃つことができない。そのため信長は雨が上がるまで攻撃を待ったのだ。

雨が上がると織田軍は、今川義元の本陣目掛けて一気に斬り込んでいった。なぜこの時織田軍が迷わず本陣を攻められたかといえば、義元が漆塗りされた輿に乗って来ており、その目立つ輿が信長に義元の居場所を教えてくれたためだった。ちなみに漆塗りの輿は、室町幕府から許可されないと乗ることができない当時のステータスだった。現代で言えば高級外車を乗り回すようなものだ。

周辺の村から多くの差し入れもあり、正午頃、今川本陣はかなりのリラックスモードだった。丸根砦と鷲津砦もあっという間に陥落し、今川の織田攻めは楽勝ムードだったのだ。しかも暴風雨が上がったことで、兵たちは奇襲に対する緊張も解いてしまう。だがそこに突如として織田軍が鉄砲を打ち込んできたのだった。今川本陣は慌てふためく者ばかりで、武器や幟などを捨てて敗走する兵も多かったようだ。

義元自身、300人の護衛と共に本陣から逃げ出すのがやっとで、その護衛も最後は50人まで減ってしまった。そして最初に義元に斬り掛かった一番鑓の武功は服部一忠だった。一忠は義元に膝を斬られ倒れてしまうが、直後に毛利良勝が二番鑓として義元の首を落とした。

毛利良勝が義元を討ち取ったことにより午後4時頃、桶狭間の戦いは幕を閉じた。2500人の織田軍が討ち取った今川兵は3000人にも上った。信長の勝因は兵をすべて今川本陣に一極集中させたことで、義元の敗因は大軍を分散させ、さらに輿により自らの居所を信長に教えてしまったことだったと言える。

この桶狭間での勝利を境に信長は天下へと駆け上り、逆に敗れた今川家は滅亡へのカウントダウンが始まり、8年後に大名としての今川家は滅亡してしまった。


平成29年02月07日 公開

前ノ巻 義を貫き最期は桜のように見事な散り樣を見せた真田幸村
次ノ巻 光秀はなぜ信長を討たなければならなかったのか? 前篇



戦国時代記-Age of SENGOKU-は、Kazuが個人的に運営している戦国時代をテーマにしたウェブサイトです。 歴史小説のような想像上の出来事はできる限り排除し、極力史実に近いもの、もしくは近いとされることのみを ピックアップし書き連ねていきます。
戦国時代記 -Age of SENGOKU-
Copyright(C) 2016 Age of SENGOKU All Rights Reserved.