織田信長,羽柴秀吉


織田信長の負の定説は秀吉が書かせた捏ち上げ

分類 明智家 / 本能寺の変 / 織田家 / 豊臣家
この巻の主な内容


oda.gif織田信長という人物は冷酷で、男色でもあったという定説が現在では当たり前のように知られている。だが明智憲三郎氏が書いた『本能寺の変 431年目の真実 』という本を読むと、それは羽柴秀吉が本能寺の変後に作ったイメージに過ぎないことがよくわかる。

明智憲三郎氏は本能寺の変を起こした明智光秀の子孫であると言う。だがこの本は決して先祖を擁護するような感情論的な本ではない。本能寺の変を徹底的に歴史捜査し、推測ではなく、戦国時代に書かれた書状や日記などで証拠を固めながら書かれた良書だ。

当サイト戦国時代記-Age of SENGOKU-では、本能寺の変にまつわることはこの本の情報を基にし、今までの定説に縛られることなく情報を発信していきたいと考えている。

信長の時代に生きた人々の日記などからは、信長は決して冷酷な人間ではなかったことがよくわかる。例えば本能寺の変であるが、明智光秀の謀反を知り、信長が真っ先に取った行動は女子供など弱者を逃すことだった。

そして信長に男色のイメージがつけられたのは羽柴秀吉が書かせた『惟任退治記』によってだった。惟任日向守とは明智光秀のことで、自らが逆臣光秀を討ったことを宣伝するために書かせたものだ。森蘭丸は歴史好きであれば誰もが知る名だと思う。だが蘭丸と書かれたのは『惟任退治記』によってで、秀吉は蘭という字には男色のイメージがあるため、森乱丸を森蘭丸とわざと変えてしまったのだという。

さらには女遊びが好きだったという信長のイメージも、やはり本能寺の変後に秀吉が書かせたことだった。明智憲三郎氏の著書によれば、秀吉が織田政権を奪取しやすくなるよう、信長を負のイメージで固めたのだという。その証拠に関しては上述の著書を読んでいただきたいところだが、読めばなるほど納得することができる。

信長という人物は確かに激情家ではあったようだ。だが決して冷酷な人間でも男色でもなく、女にだらしのない人物でも決してなかったのだ。今日までに作られた信長の負のイメージは、すべて秀吉が信長の死後に作り上げたものだったのだ。

織田信長は天下統一を直前にし、最も信頼を寄せていた家臣に裏切られ49歳でこの世を去ってしまった。もし本能寺の変が起こっていなければ徳川幕府が開かれることはなく、きっと織田幕府が開かれていたのだろう。だが織田幕府が徳川幕府ほど長くは続かなかったであろうことは、当時信長が考えていたことを思えばよくわかる。それについてはまた別の巻にて書き進めていきたい。

これが当サイト最初の文章となるわけだが、歴史小説のようなファンタジー的要素はなるべく含まず、史実に極力違い情報だけを抜粋してサイト上では紹介していきたい。


平成29年02月07日 公開


次ノ巻 武田勝頼は決して挑むべきではなかった長篠の戦い



戦国時代記-Age of SENGOKU-は、Kazuが個人的に運営している戦国時代をテーマにしたウェブサイトです。 歴史小説のような想像上の出来事はできる限り排除し、極力史実に近いもの、もしくは近いとされることのみを ピックアップし書き連ねていきます。
戦国時代記 -Age of SENGOKU-
Copyright(C) 2016 Age of SENGOKU All Rights Reserved.