明智光秀,長曾我部元親,斎藤利三,斎藤道三,織田信長,石谷頼辰,本能寺の変


光秀はなぜ信長を討たなければならなかったのか? 前篇

分類 斎藤家 / 明智家 / 本能寺の変 / 織田家 / 長曾我部家
この巻の主な内容


akechi.gif明智光秀はなぜ謀反を起こしたのだろうか。定説では信長に邪険にされノイローゼ気味だったとか、信長を恨んでいたとか、天下への野望を持っていたとか、様々なことが伝えられている。しかし某が支持したいのは明智憲三郎氏が著書『本能寺の変 431年目の真実 』にて結論づけている、土岐氏再興への思いだ。

明智家は土岐明智とも称する土岐一族で、光秀が家紋として用いた上の桔梗も、土岐桔梗紋と呼ばれる土岐氏の家紋だ。土岐氏とは室町時代に美濃を中心にし隆盛を誇った名家で、土岐氏最後の守護職であった頼芸(よりのり)は、斎藤道三の下克上によって美濃から追放され、これにより200年続いた土岐氏による美濃守護は終焉を迎えてしまう。そして大名としての土岐氏も事実上滅んだことになり、土岐一族は美濃から散り散り追われる形になってしまった。そのひとりが明智光秀だったというわけだ。

本能寺の変の直前、長曾我部元親はそれまで友好的だった織田信長に対し、所領問題で抗戦的な態度を見せていた。しかし両家が戦えば長曾我部の軍勢など、織田の軍勢の前では子ども同然だ。それは元親自身わかっていたはずだ。それでも元親が信長に敵対したのは、光秀の存在があったからこそだった。光秀であれば何とか信長を説得してくれるはずだと踏んでいたのだ。だがその目論見は外れ、信長は遂に長曾我部征伐軍を四国へと送ってしまう。

ではなぜ元親は光秀の存在を当てにしたのか?長曾我部と織田を結んだのは元々光秀の功績だったわけだが、ここにもやはり土岐氏が絡んでくるのだ。元親の正室は石谷光政の娘で、石谷氏(いしがい)もやはり美濃の土岐一族なのだ。そして元親の正室の兄が石谷頼辰という明智光秀の家臣であり、頼辰は斎藤家から石谷家に婿養子となった人物で、斎藤利三は実の弟に当たる。

つまり光秀は家臣頼辰と元親の関係から長曾我部家と懇意になり、長曾我部と織田のパイプ役となっていたのだ。光秀自身、長曾我部と連携を図ることは明智家にとって大きなメリットがあると考えていた。近畿を治める明智と四国を治める長曾我部が連携すれば、光秀の織田家での立場をより強固なものにできる。外様大名として肩身の狭い思いをしていた光秀にとり、長曾我部の存在は非常に大きかったのだ。

このような関係があったからこそ、元親は光秀の後ろ盾を当てにし、信長に対し強硬姿勢を取れたのだ。だが光秀の説得も虚しく、信長は長曾我部征伐軍を四国に送り込んでしまう。これに慌てたのは光秀と元親だった。ふたりとも、まさか信長が本気で長曾我部を攻めるとは考えていなかったのだ。



平成29年02月07日 公開

前ノ巻 桶狭間の戦い、織田信長の勝因と今川義元の敗因
次ノ巻 光秀はなぜ信長を討たなければならなかったのか? 後篇



戦国時代記-Age of SENGOKU-は、Kazuが個人的に運営している戦国時代をテーマにしたウェブサイトです。 歴史小説のような想像上の出来事はできる限り排除し、極力史実に近いもの、もしくは近いとされることのみを ピックアップし書き連ねていきます。
戦国時代記 -Age of SENGOKU-
Copyright(C) 2016 Age of SENGOKU All Rights Reserved.